Chinese Chinese 料理長 阿部 雅昭

旬の素材を知り、その素材にあった火力を知る。
素材の持ち味を最大限に生かすために作り出した38の料理工程を組み合わせ調理するのが中国料理。
さらに鍵となる火を操るため研鑚の日々。